【和訳】Sunshine 2年 Reading 2 Friendship beyond Time and Borders P85

Sunshine

New Words

名詞 goodwill 親善
名詞 mission 任務、使命
副詞 however しかし
名詞 Turkey トルコ
動詞 met meet(会う)の過去形 会った
名詞 typhoon 台風
名詞 coast 海岸
熟語 on the way (back) to ~ ~へ行く(戻る)途中で
形容詞 nearby 近くの
名詞 village 村
名詞 survivor(s) 生存者
動詞 understand わかる、理解する
動詞 bury 埋葬する、埋める  過去形 buried
形容詞 dead 死んでいる  the dead 死者
副詞 respectfully うやうやしく(丁寧で礼儀正しい様子)

本文

Almost 130 years ago, a Turkish ship came to Japan on a goodwill mission.
およそ130年前、1隻のトルコの船が親善の任務で日本に来ました。

almost = ほとんど、もう少しで  years = 年(複数形)  ago = 前  a = 1隻の、とある  Turkish = トルコ(人)の  ship = 船  came = 来た  to = ~へ、に  Japan = 日本  on = ~で  a = とある(今回は省略しました)  goodwill = 親善  mission = 任務、使命

However, on the way back to Turkey, the ship met a strong typhoon.
しかし、トルコに戻る途中、その船は強い台風に遭いました。

however = しかし  on the way back to ~ = ~へ戻る途中で  Turkey = トルコ  the = その  ship = 船  met = 会った  a = 1つの、とある(今回は省略しました)  strong = 強い  typhoon = 台風

It sank off the coast of Wakayama, and 587 people died.
船は和歌山の海岸沖で沈み、587人が亡くなりました。

it = それは(が)(この場面ではthe shipのこと)  sank = 沈んだ  off = ~から離れて  the = その(今回は省略しました)  coast = 海岸  of = ~の  Wakayama = 和歌山  and = そして  people = 人々  died = 亡くなった、死んだ

People in a nearby fishing village rescued 69 survivors.
近くの漁村の人々は69人の生存者を救助しました。

people = 人々  in = ~の  a = とある、1つの(今回は省略しました)  nearby = 近くの  fishing = 釣り、漁業  village = 村  rescued = 救助した、助けた  survivors = 生存者(複数形)

They didn’t understand Turkish.
彼らはトルコ人を知らなかった。

they = かれらは(が)  didn’t = ~しなかった  understand = わかる、理解する  Turkish = トルコ人

They didn’t have enough food.
彼らは十分な食料を持っていなかった。

they = 彼らは(が)  didn’t = ~しなかった  have = 持つ  enough = 十分な  food = 食べ物

But they gave their last chickens to the survivors.
しかし、彼らは彼らの最後の鶏肉を生存者にあげました。

but = しかし  they = 彼らは(が)  gave = あげた、与えた  their = 彼らの  last = 最後の  chickens = 鶏肉(複数形)  to = ~に  the = その(今回は省略しました)  survivors = 生存者(複数形)

They also buried the dead respectfully.
彼らはうやうやしく死者の埋葬もしました。

they = 彼らは(が)  also = ~もまた  buried = 埋葬した、埋めた  the dead = 死者  respectfully = うやうやしく

After that, the survivors stayed in a hospital in Kobe for about a month.
その後、生存者は神戸の病院に約1ヶ月間滞在しました。

after = ~の後  that = それ、そのこと  the = その(今回は省略しました)  survivors = 生存者(複数形)  stayed = 滞在した  in = ~に  a = とある、1つの(今回は省略しました)  hospital = 病院  in = ~の  Kobe = 神戸  for = ~間  about = 約  a = 1  month = 月

Then they left for home on two Japanese ships.
それから彼らは2隻の日本の船で故郷に向けて出発しました。

then = それから、その後  they = 彼らは(が)  left = 出発した  for = ~へ  home = 故郷、本国  on = ~で  two = 2隻  Japanese = 日本の  ships = 船(複数形)

コメント

トルコの使節団が乗ってきた船はエルトゥールル号という名前でした。
エルトゥールル号が遭難したのは夜で、台風の影響で海は荒れていたので、漁村の人々が救助するのも大変な状況でした。
また、台風のせいで漁に出ることができていなかったので食料が十分になかったのです。

本文には書かれていませんが、村人たちは船が沈没した近くの海岸を捜索して、回収した遺品をきれいにして生存者に渡したりもしたそうです。

教科書を読んでエルトゥールル号のことについて興味を持った人は
『海難1980』という映画を見てください。
2015年にトルコと日本の友好125年を記念して作られた映画です。
教科書の短い文章では書ききれない物語を知ることができます。
ダイジェスト版をYoutubeで見ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました