【和訳】Sunshine 2年 Reading 1 Gon, the Little Fox P44

Sunshine

New Words

名詞 eel(s) ウナギ
動詞 decide(d) 決定する
名詞 trick いたずら
熟語 one day ある日
熟語 play a trick on ~ ~にいたずらをする
副詞 out 外へ(に)
名詞 basket かご
名詞 tooth 歯  複数形 teeth
動詞 shout(ed) 叫ぶ
形容詞 sly ずるい、悪賢い
動詞 ran runの過去形、走った
熟語 out of ~ ~の外へ(に)
熟語 come back もどる
熟語 run away 逃げる
名詞 line 列、行列、線
名詞 clothes 衣服、着物
副詞 probably たぶん、十中八九
動詞 die(d) 死ぬ
代名詞 himself 彼自身に(を)
熟語 say to himself 心の中で考える

本文

One day, Gon went down to the river.
ある日、ごんは川に降りていきました。

one day = ある日  Gon = ごん(キツネの名前)  went = 行った  down = 下に  to = ~へ  the = その(今回は省略しました)  river = 川

He saw Hyoju.
彼は兵十を見かけました。

he = 彼は  saw = 見た  Hyoju = 兵十(人の名前)

He was catching fish and eels.
彼は魚やウナギを捕まえていました。

he = 彼は(が)  was catching = 捕まえていた(進行形)  fish = 魚(単数形と複数形が同じ形)  and = ~と…  eels = ウナギ(複数形)

Gon decided to play a trick on him.
ごんは彼にいたずらをしようと決めました。

Gon = ごん  decided = 決めた  to play = ~すること(不定詞)  play a trick on = ~にいたずらをする  him = 彼

Gon took the fish out of Hyoju’s basket and picked up the eel by his teeth.
ごんは魚を兵十のかごから取り出し、ウナギを歯で取り上げました。

Gon = ごん  took = 取った  the = その(今回は省略しました)  fish = 魚  out of = ~の外へ(に)  Hyoju’s = 兵十の  basket = かご  and = そして  picked up = 取り上げた、拾い上げた  the = その(今回は省略しました)  eel = うなぎ  by = ~で、~によって  his = 彼の  teeth = 歯(複数形)

Just then Hyoju came back and shouted, “Hey, you sly fox!”
まさにその時、兵十が戻ってきて「おい、おまえ、悪賢いキツネめ!」と叫びました。

just = まさに、ちょうど  then = そのとき、それでは  Hyoju = 兵十  came back = 戻った  and = そして  shouted = 叫んだ  hey = おい  you = あなたは(が)  sly = ずるい、悪賢い  fox = キツネ

Gon jumped up and ran away with the eel.
ごんは跳び上がり、ウナギを持って逃げました。

Gon = ごん  jumped = 跳んだ  up = 上へ  and = そして  ran away = 逃げた  with = ~と一緒に、~とともに  the = その(今回は省略しました)  eel = ウナギ

Ten days later, Gon saw a line of people.
10日後、ごんは人々の列を見ました。

ten = 10  days = 日(複数形)  later = 後  Gon = ごん  saw = 見た  a = 1つの、とある(今回は省略しました)  line = 列、行列  of = ~の  people = 人々

They were wearing white clothes.
彼らは白い服を着ていました。

they = 彼らは(が)  were wearing = 着ていました(進行形)  white = 白い  clothes = 衣服、着物

“Hyoju’s mother probably died”, Gon said to himself.
「たぶん兵十の母親が亡くなったんだな」とごんは心のなかで考えました。

Hyoju’s = 兵十の  mother = 母  probably = たぶん、十中八九  died = 死ぬ  Gon = ごん  said to himself = 心の中で考えた

コメント

小学校の教科書で使われていることで有名な『ごんぎつね』の英語版です。
すでにあらすじを知っている物語を英語で読むことによって、なんとなく単語を予想しながら読むことができるので、英語学習の方法としてもおすすめの読み物です。

英文を読むときに、その英文の背景知識があるかないかというのは、読みやすさに大きく影響します。
例えば、ゲームが好きな人がゲームについての英文を読むのと、ゲームを全くしたことがない人がゲームについての英文を読むのとでは、同じ英語力を持っていたとしても、内容理解の正確さや、読むスピードに差が出るのは想像できると思います。

そして、背景知識があり、スムーズに読めることによって、英文を頭から読むトレーニングになります。
読みにくい文章を読むときには、どうしても辞書を何度もひきながら、文を後ろから訳しがちになります。
そのような練習も英語力を高めるためには必要な過程なのですが、ときには読みやすい文章を頭から読むことで、早く概要を掴む読み方が身につきます。

この「早く概要を掴む読み方」が入試のような、非常に長い文章を読むときに必要になってくるのです。

はじめは英語版の漫画や日本語で呼んだことのある絵本でもいいと思いますので、読みやすい英文を頭から通して読むという練習をしてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました